So-net無料ブログ作成

図書館へ [日々]

こんばんはtakashiです。

今日は図書館へホーキング博士の著者を借りに行きました。

俺は難しい本だと読んだとしても、頭に全く入らず、理解出来ないので、図書館の職員さんに子供向けの本を教えてもらい借りました。

児童書の中に スティーブン・ホーキング 宇宙への秘密の鍵 と言うのがあると教えてもらい、借りました。

ホーキング 宇宙を語る とかは俺じゃ読んでも理解出来ないし、そこまで読めないと思う。

だから、子供 中学生や高校生が読める本じゃないと無理だ。

図書館の人から教えてもらったが、ホーキング博士が昨日亡くなり、図書館では関連書物を借りる人、ようは俺と同じ様な人が沢山居るらしい。

図書館へ久しぶりに行ったけど、やっぱり雰囲気が良い。

もし、可能なら図書館にある書物を全部読んで、頭の中に入れてしまいたい。

それが可能だとしたら、完璧までとは言わなくても、凄い人間になれそうだ。

世界中の書物を頭の中に入れる事が出来たのなら、超人の誕生だ。

何か、そんなアニメ無かったかな。

とある魔術の禁書目録に出てくる、インデックスって書物が頭の中に入ってなかったっけ?

昔に見たから、よく覚えてないけど・・・。

もし、宇宙に人が繰り出す様になったら、人間は進化するんだろうか。

ニュータイプみたいになったり、超能力を使えたりするんだろうか。

俺はブラックホールに吸い込まれてみたい。

で、その先に何があるのかを見てみたい。

って、ちょっと思ったw


宇宙への秘密の鍵

宇宙への秘密の鍵

  • 作者: スティーヴン ホーキング
  • 出版社/メーカー: 岩崎書店
  • 発売日: 2008/02/09
  • メディア: ハードカバー



タグ:図書館
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。