So-net無料ブログ作成

ただ、泣きたい [日々]

こんにちはtakashiです。

ここだけでは弱音を吐かせてくれ。

誰も俺の事を知ってる人が見てる訳じゃないから。

正直、もう体が疲れてシンドイ。

昨日は仕事が終わってから寝て、11時近くに起き、2時近くに眠剤を飲んで寝た。

体がボロボロになってきて居る。

今日は心もボロボロだと思う。

誰にも言えない事だけど、正直もう死にたい。

何回も自殺を繰り返し、未遂、大怪我を負って来たが、本当にもう終わらせたい。

俺は何の為に体を壊し、身を削り、心をすり減らして頑張らなきゃいけないんだろう。

何の為に生きなきゃいけないんだろう。

あれだけの大怪我をした後でも俺は独りぼっちだ。

辛くなった時に話を出来る相手、相談出来る相手が居ない。

仕事の愚痴、日常の愚痴を吐ける相手が居ない。

泣いてスッキリ出来るなら大声をあげて泣き叫びたい。

薬でストレスから開放されるならされたい。

頭が痛い、ズキズキするんだ。

腰が痛い。ずっと座ってるから。

肩こりが酷い、仕事でだと思う。

誰かに弱音を吐きたい、頑張ってるねって言われたい、優しくされたい。

頑張ってると思うけど、まだ足りない、全然足りない。

ゴールが見えない、先が見えない。

人と関わりたいと思うけど、距離の取り方が分からなくて、結局は本音を言えないし、嫌な部分を理解されないし、嫌われる。

誰とも関わりたくないと思うけど、やっぱり寂しい。

俺の家族、母親とか兄弟とかとは仲は悪くないと思う。

でも愚痴を吐ける様な関係ではない。

血は繋がってるけど、普通の家族ではないんだよ。

俺が長期入院をしていて、ずっと車椅子生活になりそうだった時に施設、山奥の施設に入れられたとしても、年に数回は会いに行くよって言われたんだ。

俺の考えが甘かったのかな、俺は親元で暮らせると淡い気持ちを抱いていたんだ。

俺が飛び降りする前も何回も毎晩親に電話してて、寂しい、1人暮らしはもう無理だって言ってたんだけど、結局は親が俺との話し合いを拒否し、電話を切られてしまった。

俺だって変わりたかった。

最初から死にたかった訳じゃ無い。

でも、道が無かったんだよ。

小さい頃、それこそ引っ越して来た当事は寂しくして、本当に寂しくて夜の街を徘徊していた。

誰か俺を拾ってくれないかって。

だけど、男性に声をかけてくる変わり者なんて居ないだろ、女性ならともかくさ。

俺を心配してくれる、俺を必要としてくれる存在が欲しかっただけなんだ。

ただ、家族が欲しかっただけなんだ。

自分の居場所を持ちたかっただけなんだ。

こんな人生、終わってくれ。

もう疲れた、本当に疲れたよ。

ただ、人の声が聞きたい、誰かと話がしたい、安心出来る人と。

もう失敗したくない、失敗してずっと病院とかは嫌だ。

次は確実にいなくなりたい。

結局、俺の孤独は埋まらず、何も変わらない。

こんな時、どうしたらいいのかも分からないし、本当に困った時に助けてくれる人なんて居ないんだよ。

だから自殺は無くならないし、絶望する人も居なくならない。

傷の舐め合いかも知れない、俺がブログを書き始めたのは自殺をしようとしてる人に見てもらいたかった。

失敗した時、その後の事を知って欲しかった。

結局は生き残った所で自分の周り、自分が変わろうとしても何も変化が無ければ結局、絶望し、疲れ、心が磨り減り、元に戻ってしまうだけなんだ。

人付き合いが上手い人ならもっと上手く、ガス抜きやストレス発散が出来るのにな。

もう今日が終わる。

また寝ると明日がやってくる。

それの繰り返し。

嫌な事から逃げて何が悪いんだ。自殺する人が弱いとしたら、自殺しない人は恵まれてるんだよ。

人は最初から強い訳じゃ無い。

誰だって強くなりたい、強くあろうとする。

でも、強くなれない人だって居るんだよ。


nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。