So-net無料ブログ作成

ワガママに生きよう [日々]

こんばんはtakashiです。

今日、医者へ行かなきゃだったんだけど、寝坊した。

エアコン消して、目覚ましなったから止めたんだけど2度寝してしまった。

まぁ何とか医者は行って来たんだけどさ。

明日もまた違う病院へ行かなきゃで、その事を勤務先に連絡してなかったかも知れないので電話したらしてなかったみたい。

とりあえず、明日も病院へ行ってくる。


病院の帰り道、ドラクエウォークをプレイし、無事に初のお土産を手に入れた。

ご当地のお土産みたいなんだけど、俺が手に入れられるのはその一つだけみたい。

多分、車が無いとここら辺は無理。


あと、帰りにポケモンGOもして来て、ギラティナの色違いをゲット出来た。

ただ、性能があんまりだけど、色違いはレアだから育てようと思う。

ただ、同じドラゴンタイプなら性能が良いのが他に居るからなぁ・・・。

てっきり悪タイプとかかと勝手に思ってた。


昨日書こうと思ってた映画 ペイ・フォワード。

6センスの男の子が出てるんだけど、結構楽しめた。

主人公が中学校へ通うと、そこには新任の先生が。

社会科を教える担任から言われたのは世界を変える為に自分が何か出来る事はあるか?

そこで主人公は3人の人に親切な事をして、その親切にした人へまた違う人3人に親切にしてあげて欲しいと言う。

それがねずみ講の様に広がっていけばクソな世の中が少しはマシになるかとって話。

担任の先生は映画 セブン で犯人役をやった人。

その担任は小さい頃、DVがある家庭で育ち、母親はその度に親父と距離を取るんだけど、親父が泣いて謝る度に許してしまう。

最初の頃は親父はその担任(子供の頃)には暴力は振るわなかったんだけど、ある時に親父から角材で頭を殴られ、体にガソリンを撒かれ、燃やされてしまう。

身体中、顔などに焼けどを負い、障害者として教鞭に立つんだけど。

そんな過去もあって主人公へ肩入れしていくんだよ。

最後、何て言うかな、あぁこう言う終わり方なんだって思った。

多分、この話をしたらあぁって言う人が居ると思うけど、映画 アメリカンヒストリーXと同じだった。

とりあえず、近いうちに上映する 映画 ジョーカーは観に行こうと思ってる。


あ、そうだ、タイトルに全く触れないで終わる所だった。

ワガママって言うと聞こえが悪いかも知れないが、好きな事は好き、嫌いな事は嫌いって生きていこうって思ったんだよ。

好きな人には好きって言い、嫌いな人とは関わらない、そんな生き方がしたい。

誰だって好きな事だけして生きたいとは思うけどさ。

まぁ嫌な事もしていかないとは思うけど。

上手く伝えられないや…ただ、今日何となくそう思ったんだ。


nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。